太秦ライムライト / イレブンアーツ・ジャパン / チャップリン / チャップリン・ザ・ルーツ / ACT11 アクトイレブン

top_line2.jpg

HOME > DAVE BOYLE Work Shop

ワークショップ
line_sub

ワークショップ

アミール・ナデリ監督 アクティング ワークショップ
9月1日に、ロサンゼルスよりハリウッドのインデペンデント映画界で最も注目されている
監督の一人である、デイブ・ボイル監督が来日し、ワークショップを開催する運びとなりました。
監督は現在、新作の映画「MAN FROM RENO リノからきた男」の最終段階に入っており、
米国サンフランシスコにて撮影するその作品を題材にした内容で
演技指導をメインに授業を行う事になりました。

dave2.jpg

デイブ・ボイル 【プロフィール

ハリウッドインデペンデント映画の若手監督の中でも最も注目を浴びている監督の1人である
デイブ・ボイルは2ヶ国語コメディー「ビッグドリームズリトル東京」で2006年に長編映画デビュー。
日本人に憧れている会社員ボイド・ウィルソン(デイブ・ボイル)と相撲取りの友人をテーマにしたこの作品は、
国際化が進んでいる中での文化の巧みな描写に対して賞賛された。DVDも発売され、
映画は、Home Media Magazineより「ずうずしくも独創的で聡明」として絶賛された。

ボイルの2作目の長編映画「ホワイト・オン・ライス」は全国各地の映画祭で賞を受賞したあと、
Variance Filmsより全米で公開された。最近離婚して、恋の病にかかっている男についてのこの作品は、
「映画の画期的事件」としてサンフランシスコ・クロニクルのジェフ・ヤンによって批評された。
「硫黄島からの手紙」にも出演している渡辺広・裕木奈江も主演を務めている。
2010年には日本でも封切られ、またワーナー・ブラザーズが米国内でのVOD配信の権利を獲得した。 

2011年、ボイルの監督作「Surrogate Valentine」は毎年テキサスで行われるSXSW映画祭で封切りされ、
その後、シアトル国際映画祭、サンフランシスコ国際アジアンアメリカン映画祭(クロージング・ナイト・セレクション、観客賞受賞)、
そしてハワイ国際映画祭などいくつもの映画祭で上映された。
劇場公開、VOD配信で、続編は2012年に公開する作品として制作を依頼された。
「Surrogate Valentine」の続編である「Daylight Savings」は2012年のSXSW映画祭で封切りされたばかりである。

受賞暦:

・サンディエゴ・アジアン映画祭 2011 審査員大賞 - Surrogate Valentine
・サンディエゴ・アジアン映画祭 2009 観客賞 – White on Rice
・ロサンゼルス・アジアン・パシフィック映画祭 2012 審査員賞ノミネート - Surrogate Valentine
・ロサンゼルス・アジアン・パシフィック映画祭 2009 最優秀脚本賞 – White on Rice
・サンフランシスコ国際アジアン・アメリカン映画祭 2011 観客賞 – Surrogate Valentine
・クリーブランド国際映画祭 2012 Someone to Watch賞 – Daylight Savings

日時
2012年9月1日(土)
1回目:11時00分〜13時30分 定員30名
2回目:14時30分〜17時00分 定員50名
募集期間
2012年8月31日(金)20:00まで
申込方法
下の「ワークショップに参加する」ボタンを押して、必要事項を記入して下さい。
イレブンアーツ・ジャパンから詳細メールをお送りします。
受講料
4,000円(税込)
※当日受付にてお支払い下さい
会場
東京都中央区(日比谷線八丁堀駅 徒歩3分)
※詳しい場所はお申し込みの際にご連絡いたします。
内容
演技指導:デイヴ・ボイル/進行:増田悟司(ユニークブレインズ)
今回のワークショップでは、監督の次回作品”MAN FROM RENO (リノから来た男)”の
シーンから演技指導を行います。
主催・問合せ
イレブンアーツ・ジャパン合同会社/協力:ユニークブレインズ
担当:佐野昇平
東京都新宿区新宿1-14-10 松山ビル4階 〒160-0022
電話:03-3356-0662
ファックス:03-6740-8441

db1.jpg

映画”MAN FROM RENO リノからきた男”について

ストーリー:
サンフランシスコの南に位置する小さな街にて、ポール・デル・モラル保安官は自宅までの霧の深い夜道を運転中に誤って歩行者に追突してしまう。この歩行者はただ独りうろつく日本人の男性であった。
しかし、事故の取り調べが始まる前に、この男性は何の跡形もなく病院から姿を消してしまう。

その一方で、日本人のミステリー作家であるアカホリ・アキは、“お金を生んでくれる”ヒット作品であり、
世界的に有名な「タカベ警部」シリーズ最新作の記者会見ツアーから逃れるため、サンフランシスコへ旅に出る。
孤独と脆弱さを感じながら、アキはリノから来たという同じホテルに宿泊する謎めいた日本人と恋に落ちる。
アキの新たな恋人、スズキ・アキラはカリスマ的で魅力的だが、
自身のスーツケースと不可解な痕跡を残してホテルから突然姿を消してしまう。

この2件の失踪を捜査する間、デル・モラル保安官とアキはやがて出会い、
そこからめまぐるしい謎に包まれていくが、湖に沈められた遺体の発見により、事態はさらに複雑さを増す。

真実を追求するアキの冒険はやがて、「リノから来た男」、スズキ・アキラの恐ろしい真相を暴くこととなる。

□企画概要
製作会社: ELEVEN ARTS (ロサンゼルス)
監督: デイブ・ボイル
脚本: デイブ・ボイル、ジョエル・クラーク
撮影場所: サンフランシスコ
言語: 英語、日本語

ELEVENARTS/イレブンアーツ・ジャパン